2017年2月 9日

カランダッシュのボールペン

 スイスの精密機械技術は世界的に有名であり、高級腕時計などは多くの著名人が愛用している。最近では、日本製のムーブメントに押されて汎用時計ではすっかり日本製が有名になったけど、やはりスイス製の時計にはかなわない。 とても、手に届く価格ではないので実感は湧かないが恐らく宝石を持つ感覚ではないだろうか。

 スイス製で忘れてはならない、もう一つの精密製品がある。世界の商社マンから愛用されている「カランダッシュ」である。文房具愛用家の世界では知らない人がいない。このメーカーは世界で初めてシャープペンシルの機構を開発したメーカーであり、カランダッシュの名は高級文具の代名詞でもある。日本人ではシャープと思っている人が多いが実はカランダッシュなのである。カランダッシュという名称はロシア語で「鉛筆」という意味があるらしい。

 長年、私もボールペンとサインペンを使っているが、毎日使うたびに、その滑らかな書き味に満足している。このボールペンを知ったのは名古屋の丸善で買い物をした時のことである。クレジットカード払いの伝票にサインを求められ、今まで感じたことの無い書き味を覚えた。ボールペンは少しズッシリしていて高級感があったので、その男性に「書きやすいですね」と褒めると、「丸善では全員このボールペンを使っています。」と返ってきた。それ以来、このボールペンには毎日お世話になっている。