2017年6月 6日

タイガー計算機が懐かしい

JR九州の湯布院駅を降りると正面には由布岳が見える。両サイドに商店街がある通りを15分ほどまっすぐに進むと観光客で賑わう場所がある。右折してほぼ突き当たる場所に「湯布院昭和村」という施設があり入場料¥500で結構楽しめる。中にはどの部屋にもギッシリと昭和の懐かしい品が展示されており、どれを取っても当時の人気商品である。よくもここまで収集出来たものだと感心した。小物から巨大な鉄人28号人形、映画館の懐かしい看板など全てが本物らしい。私が興味を持ったのは写真の手回し計算機である。確か2つのメーカーが競い合っていてタイガー計算機と日本計算機だったと記憶している。若い時には両機種とも使用していたが、この場所で再び出合って懐かしく眺めた。
Tiger-Cal.jpg
ずっしりと重く金属製であり歯車の塊であった。有効桁数の多い計算にはこれしか手がなかったのである。ざっくりとした計算結果で満足された当時の機械工学ではせいぜい計算尺といわれるヘンミ製のものが使用されていた。もちろん一般では電卓や計算機など存在していなかった時代である。
物理計算などは、これが無いと手計算で有効数字8ケタほどまで紙で書いたものである。
この計算機のお蔭で報告書作成には時間短縮されたので誰もが欲しがったが当時の価格で10万円弱はした記憶がある。今や電卓が100円で買える時代である。品物の価値観が狂って来ている時代だからこそ大切にしたい昭和の一品である。

2017年6月 4日

久し振りにJRC-515送受信機

日本無線と言うメーカーはアマチュア無線では評判が良い。もともと業務用の無線機製造販売なのであるが一時期にアマチュア無線用機器も販売したことがある。これもその当時の機種ではあるが、既に30年以上も経っているセパレート式の送受信機である。当時は、トランシーバーとは別に送信機と受信機を接続して(トランシーブ)運用するタイプも多かった。例えばトリオの599シリーズもその一つであり、同様の人気を得ていた。写真の最上部は付属のメモリ装置であるが515シリーズのものではなく518という後継機種である。515のメモリ装置は24CHであるが、こちらは24×4も受信周波数を記憶できるので、普段のBCLには十分である。
この日、久し振りにダミーを繋いで送信したら軽く100W以上も出た。しかし、送信機の表示器で周波数を上げようとしてダイヤルを回しても下がってしまう(数字が小さくなる)。パルス発生回路にトラブルが出たらしい。受信機は全く問題が無いのでKBS日本語放送を聞きながらしばらく送信機を調べてみた。
この修理には時間が掛りそうであるが、別の機会に触ってみることにする。
JRC515-set.jpg