2017年12月31日

ご当地マンホール

12月29日久し振りに伊勢神宮にお参りした。高速に乗らなくても自宅からは車で1時間程で着ける。市営の有料駐車場(2時間以内で¥500)から約1km歩くと内宮の前に出る。この通りは、おはらい町と呼ばれており昔から参宮の際には誰しもが通る道路である。この日は平日とあり非常に人出も少なく楽に歩くことが出来た。内宮前広場に出る寸前に道路上には「ご当地マンホール」があり伊勢のデザインが施されている。皆さんが上を通るのでかなりすり減っているが何とか色も残っていた。
20171231 001.JPG
仕事でマンホールの強度とデザインの関係を調べたことがあるが、改めて見ると何十年来ほとんど変化が無いことが分かる。
さて内宮にお参りして戻る途中お昼時間でもあったので、久し振りに「てこね寿司」を食べることにして、いつもの「てこね茶屋」にあがり¥980のセットで昼食としました。
てこね寿司とは、昔から漁師が沖に出るときに持って行く弁当の様ですね。酢飯にまぐろなどの魚の身があえてあり中々美味しいと評判です。色々な「てこね寿司」を食べたことがありますが、この店が私の口にはピッタリで気に入っているのです。味付け最高でした。
20171231 002.JPG
明日は元旦です。皆さん良いお年を。