2018年10月 7日

miniケンジントンのこと

kensington-1.jpg確か2000年を最後に生産が終り、新型ミニへとデザインが変わったクラシックミニであるが、いまだに問題無く乗れている。多くの人はこのタイプの車を見かけるとミニクーパーと思うようであるが実はミニにはクーパーというスポーツタイプとこの写真のようにケンジントンと呼ばれる大人しい車種が販売されていた。ケンジントンというのは英国王室がある地域の名称であるが、この車種は昔ダイアナ妃が買い物用にローバーに造らせたということを聞いたことがある。英国人はローバーを誇りに思っていてチャールズ皇太子もレンジ・ローバーに乗っています。
kensington-2.jpg

1998年に初回登録をされたケンジントンに乗っていますが毎回3000kmほどでこまめにオイル交換をしており整備も怠らないので今まで故障知らずでいます。ショックは純国産の物に交換してあり簡単に自分で調整できます。クラシックミニ用の部品は国産でまだまだどんどん新しいものを製造していてほぼどんな部品でも入手出来ます。
kensington-3.jpg
全体のイメージはゴーカートの乗り心地を改善した車です。とにかく扱いやすい。しかも、ケンジントンはクーパーと違い、オートマチック車でありキャブレターもコンピュータ制御で暖気運転も最小ですみます。私の場合は、速度は押さえて走るのでエンジン音も気にならずマフラーも純正で静かです。
kensington-4.jpg
解説本もたくさん出ていて車好きの人なら、自分でいじれて楽しい車ですよ。
私の場合、風景写真撮影で狭い山道に行くことが多いので助かります。