2018年12月24日

フジペットが懐かしい

20181224 008.JPG20181224 009.JPG1957年に富士フィルムは自社のフィルム販売を促進するために誰でも簡単に写せる初心者向けカメラを発売しました。当時は小西六写真工業が発売する「さくらフィルム」とシェアを競っており、この2社は誰もが知る2大メーカーでした。のちに富士フィルムは「フジカ」また小西六は「コニカ」とブランドでカメラも発売しております。
日本はまだ成長期であり、高価なカメラや時計や外国製万年筆に憧れる人も多かったのです。そんな中で、このフジペットは¥1970と安価であり一般人にも届く価格設定でした。そんなことからベストセラーとなった筈です。

フィルムはロール巻きのブロニーフィルムで6枚撮りと12枚撮りが発売されていた記憶があります。6×6cm程で撮影できるのでベタ焼き(密着)でも何とか楽しむことができ、高価な引伸ばしプリントで注文することも無かったわけです。もちろんこの頃は白黒写真が主流でした。
20181224 010.JPG
年末に整理していたら写真のフジペットが見つかり思わずシャッターを切ってみると何と問題なく撮影できる状態の様です。
独特のデザインであり未だに人気があるカメラです。レンズは75mmが付いており絞り値はF11、F16、F22と3段階です。
裏蓋の中にはフィルムの宣伝シールがはってありました。
20181224 011.JPG
20181224 013.JPG

2018年12月16日

4Kと8K放送がスタート

20181208-4K8K.jpg
平成12年(2000年)に日本のテレビは全てデジタル放送に切り替わった。あれから18年今年の12月1日に今度は超精細な4Kと8Kの放送を開始した。今回も開始は12月1日である。
この写真は、テレビ画面を記録したものであるが式典の模様は生中継で放送された。

ところで、4Kや8KはK(ケイ)と呼ばれる単位を基準にしているがK(ケイ)とはk(キロ)と違いコンピュータで用いられる単位である。デジタルの世界は2進数で構成されていて全てが0と1を用いた集まりである。そのことからK(ケイ)は10進数に直すと1024となる。今までから私たちは1000のことをキロと呼んでいるので1024という中途半端な数を敢えてK(ケイ)と名付けている。
テレビのBS放送で用いられるフルハイビジョンは2Kなので、この数字から鮮明度も察することが出来る。

以前、東海総合通信局の式典に招待されたことがある。その会場となったホテルの式典会場で初めて8Kテレビ放送を見たが、それほど実感はなかった。そのメリットがよく分からなかったのである。しかし、今回これらの放送が開始されることでソフト面で大きく広がりをみせる。映画好きの人や臨場感を求める人などにとっては自宅で映画館級の画像を楽しむことが出来ると聞いている。

2020年東京オリンピックや2022年大阪万博までにどの程度普及するか興味がある。

2018年12月13日

けあらしを見ました

兵庫県豊岡市には城崎温泉があります。城崎温泉は志賀直哉の書いた短編小説で有名な「城崎にて」で良く知られるようになり外国人観光局も非常に多い場所で、この時期は松葉ガニで特に人気がありホテルもほぼ一杯となるようですが。

現在の地名は正確には豊岡市城崎町となります。ここは1300年も続く名湯であり外湯がいくつもあり全てを廻るには何度でも訪れる必要があります。毎回、狭い温泉街を巡り外湯に入ると、人気もなるほどと納得させられます。一度訪問されたらいかがでしょう。

20181208 004.JPG
20181208 005.JPG
翌日帰路につく途中で写真の様な風景に出くわしました。「けあらし」と呼ばれている自然現象で、温かい空気と冷たい空気が混ざり合うと生じるもので、分かり易く言えば「お風呂の湯気」と同じです。
この日は、広い川が一面に覆われて不思議な光景でした。運転を止めて路肩から撮影した物ですが、濃い霧が発生した時のように前の車が殆んど判明出来ないほどです。
この写真を撮った時にはかなり消えかかっていましたので様子が伝わらないかもしれないですね。