2018年12月13日

けあらしを見ました

兵庫県豊岡市には城崎温泉があります。城崎温泉は志賀直哉の書いた短編小説で有名な「城崎にて」で良く知られるようになり外国人観光局も非常に多い場所で、この時期は松葉ガニで特に人気がありホテルもほぼ一杯となるようですが。

現在の地名は正確には豊岡市城崎町となります。ここは1300年も続く名湯であり外湯がいくつもあり全てを廻るには何度でも訪れる必要があります。毎回、狭い温泉街を巡り外湯に入ると、人気もなるほどと納得させられます。一度訪問されたらいかがでしょう。

20181208 004.JPG
20181208 005.JPG
翌日帰路につく途中で写真の様な風景に出くわしました。「けあらし」と呼ばれている自然現象で、温かい空気と冷たい空気が混ざり合うと生じるもので、分かり易く言えば「お風呂の湯気」と同じです。
この日は、広い川が一面に覆われて不思議な光景でした。運転を止めて路肩から撮影した物ですが、濃い霧が発生した時のように前の車が殆んど判明出来ないほどです。
この写真を撮った時にはかなり消えかかっていましたので様子が伝わらないかもしれないですね。