2019年6月18日

変わらぬ京都の人気

kyoto-1.jpg昔から京都に行く機会が多く、現像所の帰りなど立ち寄るお寺があります。京都には禅宗の寺が多く、あの整然とした庭や古いけど清掃が行き届いた風景が何とも言えません。
禅宗には臨済宗と曹洞宗がありますが、いずれも鎌倉時代に起こされた宗教で「禅」を主体とするものです。要するに、禅とは文字や話す手段では無く、心で仏の気持ちを感じる方法です。
言い換えると「以心伝心」です。心を集中させて瞑想すると何か得られるものが伝わる修行です。
特に、京都には臨済宗の本山である妙心寺があります。また、曹洞宗の本山は福井県にある永平寺でここも有名で人気のお寺です。
kyoto-2.jpg
最近の京都は、インスタグラムなどで世界中に紹介され観光客も大変多く、日本人は避けているようです。京都はむしろ静かな町で、年に数回のお祭りには集中して賑わったものですが最近では毎日がお祭りのような人通りです。日本の文化を断片的にしか見れない外国人などには無理もありません。
kyoto-3.jpg
京都の寺は、何十年も変わらぬ手入れを毎日しているので皆さんが何度訪れても変化が無いと感じるはずです。四季折々の風景を感じながらゆっくりと京都の寺を訪ねてみてはどうでしょう。特に真夏がお薦めです。暑い京都だからこそ、色々な面で京都らしさが感じられます。それと比較的空いています。
写真は、大徳寺の龍源院と大覚寺で撮影したものです。カメラは35mmフルサイズのソニーA900 レンズは20mmと85mmでアドビのフォトショップで小さいサイズにしてあります。