2019年6月22日

仮想通貨はなぜ上昇しているのか

仮想通貨のビットコインが10000ドルを超えました。
この写真は、私が使っているコインチェック社サイトをスマホでスクリーンショットしたものです。
6月22日のビットコインの価格変動グラフです。
なんと一時は10000ドル越えをしました。

bitocoin20190622.jpg
小額投資でやれる仮想通貨の売買には、人間の心理的なものが関係しています。
例えば1万円で購入したビットコインが来年のオリンピックを控えて「外国人を中心に人気が出たらどうしよう」「このままドンドン上がってしまい取り残されるのではないか」といった不安が上昇に左右しているのです。当然、上がれば売りを招きますから直ぐに下がります。しかし、味をしめた人が再び購入し、しばらくこの繰り返しです。究極の先は東京オリンピックでしょう。何か世界で大きなマイナスなことが起こらない限り人気が出ると思います。

理由は簡単です。

仮想通貨はデジタル通貨なので確かに不安があります。ゴールドや法定通貨のように手元に物がないからです。以前は、仮想通貨販売所から大量の仮想通貨が不正送金されて問題となりました。
そのため、日本の金融庁をはじめ世界の金融市場関係者で対策が練られています。
要するに、今までは一部の投資家が遊び程度にやっているという感覚であり、さほど気にされていなかったのでしょう。仮想通貨を買っている人の多くは若い人ですから。
ところが最近になり、仮想通貨などを安全に扱える「ブロックチェーン」という手法が開発され比較にならいほど安全に取引可能となりつつあります。
世界の金融市場に加わる日も遠くないはずです。

現実には、FB(フェースブック)やアマゾンなど大手のEコマース(電子商取引)が狙っています。ここ数年で一気に利用されるようになったEコマースは留まることを知りません。
その売買に仮想通貨が注目を浴びています。
簡単に言えば、銀行取引は手数料が高い上、振込確認に時間が掛ったり、土日には振込が行えない不便さがある。また、仮想通貨は世界中リアルタイムに送金が自由で、買い物の決済も瞬時である。

当然、価格変動も大きいのである程度固定化される工夫が必要ですが、既にその技術も目途が付いていると聞きます。

日本政府も世界に遅れてようやく気が付き始めたようで、来年から仮想通貨の名称を改めて「暗号資産」と呼ぶことにするようです。来年はオリンピック情報に加えて暗号資産のこともテレビでは話題になる筈です。

もし、世界で暗号資産(仮想通貨)が流通すれば、各国政府は法定貨幣の製造費をかなり抑えることが可能です。北朝鮮の偽ドル印刷も意味が無くなります。
銀行の窓口営業の形態も変わります。社員も大規模に減り、他の業種に転化できるのです。
人手不足や仕事の効率化を進めるには、このような新技術を速く見抜いて研究することですが、国民性なのか日本人は慎重です。リスクはありますが、先ずは取り組んでリスクを最小にする努力をすればと思います。