2019年7月 9日

風景写真と観光写真

旅の雑誌などで頻繁に使用されている写真ですが、この場合の殆んどは観光写真です。観光写真は、描写が綺麗でカラー写真が殆んどであり見る人をその場へ誘い込むようにするものです。観光写真の目的は観光客を増やすことですから当然です。構図も比較的おとなしく一般的な撮影技法で構成されます。しかも写真を始めた初心者でも綺麗な写真が出来る場合があります。

では、風景写真とどう違うか?という事ですが、まず言えることは何時間見ていても飽きが来ず、そこで撮られた作者の気持ちが微妙に伝わってくるものと言えるでしょう。いわゆる味わいのある写真です。一枚の風景写真からドラマのように色々なことが読み取れるものです。

1280px-Adams_The_Tetons_and_the_Snake_River.jpgこの分野では何と言ってもアメリカの風景写真家である「アンセル・アダムス」が有名です。彼が撮影したヨセミテの風景写真は非常に有名で、アンセル・アダムスの名前を世界中に知れ渡らせた作品です。この人の作品はモノクロ写真が多いのが特徴です。もっとも、この頃はカラーフィルムとプリントはまだ未完成な時代だったということもあります。

日本の写真家では、「濱谷 浩(はまやひろし)(1915-1999)」さんです。 私が好きな写真家ですが何度見ても素晴らしいモノクロで写真です。さすがにお兄さんである写真評論家の田中雅夫さんの影響もあるのでしょう。題材は、その辺りにあるものが写されていますが何と言っても描写が素晴らしい。若い頃は日本工房に所属して報道写真もやっておられた方ですが後年は風景写真をやられました。何かの機会にご覧になられることをお薦めします。
恵比寿ガーデンパレスには東京都写真美術館がありますが、これら国内や外国写真家の作品など見事な数です。

参考に用いた写真は、アンセル・アダムス(1902-1984)が当時に撮影したヨセミテ風景です。