2019年7月13日

またもやマネックスが買収したのは信託投資会社

7月11日の場中にマネックスグループが今度は信託会社である「しあわせパートナーズ信託」を買収したというニュースが日経電子版で流れた。いつもそうですが、松本大さんは小さくても将来有望な会社を買収しています。
過去にたくさんの買収をしてきたのですが今回の会社も大きく躍進しそうな会社のようです。

過去にも、
東京フォレックス
日興ビーンズ証券
セゾン証券
オリックス証券
BOOM証券(香港)
米国トレードステーション(米国)
ソニーバンク証券
コインチェック

などがありますが、信託業務は初めての様です。

この信託という分野は、高齢化が進む将来を見据えると必ず必要です。
要するに、老後は私たちの持つ金融資産や不動産資産は自分自身で守ることが出来なくなります。
例えば、不幸にして認知症を患ってしまうなど予測は困難です。

そこで、早い時期から資産を専門の会社に任せてしまおうという事です。
要するに、個人の資産運用を相談できるコンサルタント会社です。

マネックスは買収したその日に、社名の変更をしました。
新しい社名は「マネックスSP信託」ということです。

この「しあわせパートナーズ信託株式会社」ですが、女性の樺澤 智生(かばさわともみ)さんがやっておられます。
今回の買収にも松本さんの同僚である槙原純さんが大きく関わっているのではないでしょうか。

今後に期待したいですね。