2020年1月 7日

いま食べごろ井村屋のぜんざい

20200107 002.JPG
 今日は、年末から飾っていた正月用「しめなわ」を取り外して近くの神社のどんど焼きで燃やしました。どんど焼きは地域によりバラバラですが、共通の意味は「厄払い」の様です。一般的に1月7日(関東)1月15日(関西)らしく、これも地域により異なるみたいですね。
1月7日には昔から「七草がゆ」を食べる慣習があり最近では七草をセットにしてスーパーなどで販売されて便利になりました。

 この「七草がゆ」が終ると、今度は鏡餅を割って食べる鏡開きがあります。
その時期に、多くの家庭ではぜんざいにして餅を入れるわけです。おやつの少なかった昔は、それが楽しみで待ち遠しいものでした。年末に餅つきをすると、ちょうどこの頃にカビが出始めます。そのため、急いで食材を消費する料理が考えられたのでしょう。

 さて写真は、井村屋製菓が最近になり発売した即席のぜんざいです。とても簡単であり便利でキャンプなどでも手軽に利用出来そうです。
この「ぜんざい」は甘さバランスが絶妙で、柔らかいあずきがたっぷりです。
分量もとても良く、もう少し食べたいと思っているうちに無くなります。
インスタント食品には、宣伝につられて実際に食べてみるとイマイチだったりすることがあります。
最近の井村屋製品どれも大当たりでよく売れており、このぜんざいも人気が出そうです。

鏡開きのお餅を割って焼き、中に入れると美味しいぜんざいが誰でも直ぐに食べれます。

20200107 003.JPG