2020年2月19日

いまだ暗号資産と呼ばれる仮想通貨

 主だった各国政府がデジタル通貨の検討に入って盛んに研究をしているようである。ここ数か月に起きている新型コロナウィルス感染の拡がりが研究を加速させているのが原因かもしれない。

 ところが仮想通貨に関しては未だに慎重な動きであり代替通貨として許可になるには時間が掛かりそうである。元々仮想通貨は種類が多く、その価格変動も大きく、投資の対象である金(ゴールド)と似ている。毎日変動するために日本政府は「暗号資産」という名称で呼ぶようである。価格を予測出来ない危険な資産に当たるということである。いづれ研究がなされて比較的落ち着くようなものになれば通貨としての道が期待できるかもしれない。米国フェースブック社が計画している「リブラ(Libra)」もその一種である。

 ウィルス感染に非常に危険なのは現金の受け渡しであるが、テレビなどでは一向に危険性を報じていない。誰の手に渡っていたかもしれない現金は誰が考えても最も感染しやすいものであるが、いまだに無意識にやり取りを繰り返している。その点、現金に触ることの無い、クレジットカードや電子マネーほど安全なシステムはないと思う。日本国民もようやく電子マネーの便利さに慣れてきたようで、現金取引がほとんどない中国に近づきつつある。中国は良いと決まったらやることが早い。

 また、ヨーロッパでもデジタル通貨が進んでおりスエーデンの銀行のほとんどが現金は取り扱っていないようである。当たり前であるが、日本ではネット銀行は現金を取り扱わない。現金の移動があれば即座にメールにて連絡があり、指先一本で記帳された情報を確認できる。
最近、ゆうちょ銀行もネット取引を進めており盛んに宣伝をしているが恐らく政府の指導と思われる。
昨年からのクレジットカード推奨といい、ゆうちょ銀行の残高確認サイトといい匂いがしてならない。

私の場合、便利にしているのは、
●ジャパンネット銀行
●ソニー銀行
●ゆうちょ銀行

●スイカカード
●ナナコカード
●ペイペイ
●ペイパル

固定資産税や自動車税も携帯電話からペイペイで読み取ると即座に納付できる。

 何でもそうですが、新しいシステムには慣れることが必要で、しばらく慣れてくると手放せなくなるものです。以前、ATMが出現したころに危険性を感じて絶対に使わない人がいましたが、便利さを知った現在は使ってない人は居ないほどです。