2018年10月10日

すべてはPONから始まった

20181010 001.JPG
私が若かった頃、PONというテニスゲームが売り出された。それは今からすると非常に単純な画面でありボリュウムで構成されたパドルを左右に回転させると画面内の小さな線文字が動きボールを跳ね返すものだった。それまでテレビゲームという物が存在していなかったことから、こんなゲーム機が飛ぶように売れたのである。もちろん画面はモノクロでテレビの2チャンネルが通常使われRF信号として送られた。

このPONは米国アタリ社の開発したものである。彼らは囲碁愛好者で日本棋院に興味があったらしく会社名も「ATARI」とした。もちろんアタリは囲碁用語である。ここで多くの人はリセットボタンという概念を初めて知る人も多かったはずである。ワンボードコンピュータが盛んな時代だったので、入出力ポートに必要な最小限の部品を付け加え、あとは機械語でソフトウェアを開発したもので反応速度は速かった。しかし、当時のCPU(プログラムを処理する部分をIC化した部分)の処理速度は遅くて今とは比べ物にならない。

こんなゲーム機が発売されたのをきっかけに日本でも優秀なソフトウェア開発者が現れたのである。世界的なゲームブームを巻き起こした「スペースインベーダー」をご存知でしょうか。当時は病み付きになり仕事もしないでゲームに熱中し世の中が困り果てたこともあった。純喫茶には必ずというほど設置されていてコーヒーを飲む人口を増大させたのもこの頃である。
名古屋打ちと言われた手法も誰かが生み出していた記憶がある。
このゲーム機は日本人により開発され世界にゲーム旋風を起こしたのである。その人の名は岸和田市出身の西角友宏(にしかどともひろ)さんでした。株式会社タイトーアミューズメントで開発後にタイトーの名前は一気に知れ渡ったのである。

写真はフランス出版社社長が西角さんの事を紹介した本ですが、苦労話や裏話などゲーム機始まりの時代を知ることが出来ます。ゲーム好きなら一度は眼を通されたらどうでしょう。
とはいえ私はゲームは全くやりません。

※徳間書店「スペースインベーダーを創った男 西角友宏に聞く」定価1850円+税

2018年9月27日

あれから12年が経ちました

世の中、今や資産運用の時代です。若い人向けの税軽減も考慮したNISAなどの制度も加わり一層活気が出てきたようです。
さて、このお金を増やす話ですが以前マネックスを創業された松本 大さんの発想で「株のがっこう」と名付けたイベントが開催されました。もちろん子供向けのもので大変人気があったようです。マネックスグループの子会社「マネックスユニバーシティ」が開催したもので、これも松本さんのアイディアです。
当時、松本さんが米国ゴールドマンサックスで共同経営者として働いておられた時に感じた米国の投資教育システムを参考にされたのでしょう。2000年ごろの日本はまだ株式投資などは大人の世界でした。それも、ある程度資金に余裕がある人たちで、競馬や宝くじしか買えない人には無縁のものだったわけです。
マネックスグループなど証券会社の努力もあり、金融庁も勉強をしたのでしょうか。今では、かなり改善され小額投資も可能です。また色々な金融資産の方法が解放されてきました。
FXという小額投資もスマートフォンによりリアルタイムに売買出来ます。
やがて、若い人に人気のある「仮想通貨」にもさらに多くの人が飛びつくでしょう。半年前にコインチェックが580億円ほどのトラブルを起こし金融庁から処分を受けたニュースが流れて一挙に仮想通貨という用語が一般的に使用されるようになりビットコインと呼ばれる仮想通貨の一種も貴金属売買と似たイメージで浸透しつつあります。コインチェックはその後に、マネックスの松本さんが買収して現在はグループの子会社です。正式な交換業者として金融庁からの許可待ちです。
許可があれば、さらに仮想通貨に人気が出るでしょうが、松本さんの狙いはブロックチェーンという金融操作技術のようです。ITを活用したこのような技術が安全に使われるようになれば、紙幣などの媒体は不要で無駄な印刷代もいらなくなります。デジタル通貨は現在でも沢山ありますが投資の対象になっているものはまだ危険も伴っているようです。

20180927 001.JPG

2006年に発行された本ですが、これがキッカケで資産運用を始めた子供たちが私の知人にもいます。日本でも将来ビルゲーツさんのような若者が登場するのは間違いないでしょう。
当然、マネックスの松本社長もその一人だと思いますが。米国の経済誌が特集を組んで紹介された人物なので今後も期待したいものです。この本を開くと、当時2006年に開催していた「株のがっこう」での松本CEOの挨拶が掲載されています。お若いですね。

20180927 002.JPG

2018年7月12日

真空管EL34アンプの分かり易い解説書

20180712 004.jpg世の中は半導体時代なのに未だに真空管にこだわる人たちが多く存在する。私もその一人だが結局のところ離れられないのである。
その理由の一つとして半導体と違って無理が利くところにある。きわめて大きな入力信号が瞬間でも入った場合など、半導体では限界があり飽和状態に達する。ところがガラス管で出来ている真空管の容積が緩衝材のようになりその大信号を吸収してしまうのではないでしょうか。測定器で扱われる信号の場合には、確かに半導体に非は無い。ところが耳で聴くと球アンプでは信号の滑らかさが伝わってくるようである。

多くの真空管アンプを聴きなれた人たちにも人気の真空管である「EL34」は特に有名な球であり今では貴重なものである。この型番はヨーロッパの呼称であり日本や米国では6CA7として呼ばれている。

20180712 005.jpg
ここに紹介する本は、誠文堂新光社(せいぶんどう しんこうしゃ)が出しているもので他にも多くの真空管アンプ書籍が出ている。
この出版社は100年以上の歴史があり、ラジオ工作好きの人なら一度はお世話になっているはずである。人気雑誌「子供の科学」もこの出版社である。
紹介した本の内容では、特に完成に至るまで回路図の図解写真を載せながら非常に丁寧な解説がしてあり、アンプ好きな人なら迷わず手にしたい一冊となるでしょう。

2018年6月29日

お金のふやし方

誰しもが考えることは、いつか資産を増やして自由にお金を使いたい。
資産運用に適した人とそうでない人が存在するわけですが、出来れば、知識を貯めて上手く増やしたい。そんな人が多いはずです。
お金のふやしかた.jpg
そんな中、私が使っているマネックスグループの証券会社の姉妹会社である「マネックスユニバーシティ」代表の大槻奈那さんが初心者向けの単行本を出してくれました。大きさはB6で値段も¥1300とお手頃です。初心者向けとありますが、資産運用のセンスはこれ一冊で養われるように感じます。

自分の資産を上手く運用して、たとえ¥1000でも増やそうではありませんか。
おかしなもので、資産運用を回数重ねてやっていると売買のタイミングに慣れてきます。
要するに、安く買って高く売るが基本ですから回数を重ねて売買することで自然と増えていくはずです。
殆んどの人は、株価が下がった時に売る(損切り)をせずにズルズルと放さず持っており、気が付けばどうしようもなくなっていたという状態です。これでは、予想が外れればいつまで待っても増やすことは不可能です。思い切って狙いを別会社にして新たにスタートすることです。

マネックス証券の松本CEOがまだ若かった頃に、大阪で開催された説明会に参加したことがあります。その時に松本さんが教えてくれたのは、一つの会社の株を購入する時には「複数株を買って下さい」と教えてくれました。確かに、購入したら下がってしまった、売ったら上がりだしたという経験を味わっていた私には良いヒントで、株が下がったら半数を売却するルールが身に付きました。今では、忠実に損切と複数株購入で実践をしています。上がった時も出来れば20パーセントを目途にして一度売るようにすればどうでしょう。何カ月も上がり続ける株は先ず無いと思います。すべては株チャートを見ながらンのタイミングです。

2017年3月 1日

風景写真とは

20170228 001.JPG
 風景を撮影する時に特に注意することがあります。大きなカメラを持って出かけるのはいいのですが現地へ行くとその風景をどこで切り取るか迷ってしまいます。
 元々風景写真は観光写真やガイドブックの写真とは異なります。それが、現地で綺麗な景色を見た途端圧倒され、ともすれば観光写真になりがちです。ちょうど祭りの写真を撮るのに自分も祭りに酔いしれてしまい肝心なことを忘れてしまうのに似ています。あくまで祭りを冷静に傍観しその本質を表現しなければなりません。私の場合には、重いカメラを出す前に、じっと眺めて考えます。言い換えれば「脳内撮影」をすることにしています。5分ほど考えたあとにアルミケースからカメラを取り出し、三脚に取り付けます。これで15分ほど要するので一枚の撮影には約一時間ほど掛かかる訳です。

 ここに紹介するのは「風景写真」というアサヒカメラ教室のシリーズ本です。昭和41年6月発売です。当時、私はこの本で風景写真のことを学びました。ここで執筆された写真家は当時人気があった風景写真家であり、そのほとんどが亡くなられましたが、これらの作品は評論家の重森さんなどは風景写真についてアサヒカメラでも取上げておられた記憶があります。私が好きな写真家の濱谷 浩さんも執筆されていますので一度読んで下さい。濱谷 浩さんのお兄さんは有名な写真評論家の田中雅夫氏ですね。この頃から写真という分野が芸術として評価され始めて来たのでした。それまでは絵画や彫刻に比較して格段に低かったように思えます。

20170228 002.JPG
 さて、本誌の中にトップで伊奈信男氏の記事があります。それも風景写真の本質を的確に解説されています。先日、大阪の富士フォトサロンでJPSが主催していた名取洋之助年度賞の本年度入賞作品を見て、なぜか伊奈先生のことを思い出してしまいました。名取洋之助さんはリアリズム写真などで知られる日本工房を創設された方で、当時は土門拳さんや木村伊兵衛さんも参加されていたように思います。伊奈信男氏とは私が若い頃第2回ニコン夏期大学に一週間参加した時にお会いしました。その折に箱根の小涌園ホテルで先生のポートレートを撮ったことがあります。非常に物静かな典型的な紳士タイプの方でした。私が撮影したその写真を細江英公さんがものすごく褒めてくれていたのを覚えています。皆さんと食事も共にして語り合った記憶があります。最後の日に、ニッコールクラブ会長の木村伊兵衛さんから修了証書が出ました。

 いい機会なので、再度、風景写真の定義を熟読したいと思います。