2010年9月27日

SONYのカタログで昔のことが甦る

sonycatalogue01.jpg所有:TOMIOKA Takumi

世界のソニーが日本の会社として出現したのは昭和21(1946)年でした。まだ日本は戦争に負けた悔しさから、国民上げて豊かさを求めるのに必死だったと思います。当然、電化製品は贅沢な時代であり、娯楽といえば精々真空管式の木箱ラジオでNHKで放送されていた浪花節や三つの歌やラジオドラマを聴くことでした。そんな頃に世界で先駆けてトランジスタラジオを開発し売り出したメーカーがソニーだったわけです。設立当時の社名は東京通信工業で昭和33(1958)年からソニーと変更されました。その後にソニーは躍進を遂げて今や世界中の多くで製品が愛用されているわけです。

sonycatalogue02.jpgこのカタログは、昭和34年頃に私がラジオ宣伝を聴いていて直接ソニーから取り寄せたものです。ソニーが始めてトランジスタラジオの販売を開始したのは昭和31年のことです。当時はカタログも貴重でありたった1枚の粗末な紙に両面印刷がしてあり、この写真は表面です。裏にはラジオの仕様が1色で載っています。この時代にはカタログはあまり家電屋さんには置いてなくて、自分で返信用切手を同封してメーカーに請求するのが普通でした。そのために宣伝の最後には必ずカタログの請求先が放送されるわけです。

カタログの大きさは183mm×123mmです。