2011年9月27日

シュナイダーから学べるレンズの知識

symmar.jpg撮影:TOMIOKA Takumi
(iPhoneを使用)

シュナイダー社製
ジンマー135mm/F5.6

ドイツのカメラメーカーが日本のカメラ会社に大きく影響を与えたのはよく知れた事実です。戦前からもライカなど日本に輸入され、それらを真似た優秀な日本製のカメラも多くキャノン4Sbなどが有名でした。日本も技術が無かったわけではありませんが、なんと言ってもドイツの光学技術にはかなわなかった時代でした。

ライカを製造していたエルンスト・ライツ社の他にも、イコン社・シュナイダー社・フランケアンドハイデッケ社・カールツァイス社数えればきりが無いほどです。その中でも、多くのカメラ会社にレンズを提供していたのが、シュナイダー・クロイツナッハ社です。この写真は、当時だけではなく現在でも人気が高いジンマーレンズです。シュナイダー社の有名なレンズの一つですが特に大判カメラ用の物です。ジンマーを始め、スーパーアンギュロン・クセノター・クセナーなどが有名です。

このジンマーレンズは多くの風景写真家や人物写真家に好まれ、これを使うためにわざわざ「リンホフスーパーテヒニカ」という本体を購入して撮影をするプロ写真家が多いのです。例えば、山岳写真家の白川義員(しらかわよしかず)さんや風景写真や女性写真で有名な篠山紀信(しのやまきしん)さんなどです。あの大きな機材を背負いつつ世界の名山を残した白川さんの作品集は有名です。

では、なぜここまでシュナイダーレンズに拘ったかを考えてみます。

確かに日本のレンズも優秀で解像度などは負けていないものが多かったし、ニッコールレンズなどは世界的にも知れ渡っていたわけです。しかし、それはモノクロ写真の時代の話であり昭和40年代に始まったカラー写真では、断然とシュナイダーレンズが上でした。
プロ写真家は写真を撮影して商品にして雑誌社や印刷屋に売り込むわけで決して自己満足で仕事をするのではないからです。当時の印刷業界では、今ほど技術が発達していなかったのでカラー印刷には、特に原版が影響したわけです。レンズはジンマーでありフィルムはコダック社のエクタクローム、これが彼らの常識だったわけです。他のレンズを使用すると原版に濁りや色バランスが崩れて印刷の仕上がりにも影響が出たくらいです。そんなことからプロ写真家の定番セットになり、多くの写真家の間でシュナイダー社のレンズやカールツァイス社のレンズに人気が集中しました。

そんな時代も終り、今ではデジタル処理が可能です。たとえフィルムで撮影した写真もコンピュータ処理によりどうにでも最高を作り上げることが出来るわけです。

最近プロ写真家の間ではキャノンのデジタルカメラが特に人気があります。キャノンにはニコンと違い多くの電子技術屋が居ます。事務機器で培った電子技術と昔からのキャノンレンズの組み合わせが古い技術に固執したニコンの技術を追い抜きました。この写真のレンズは、トプコンのホースマンで使用しているもので座板にはコパル#0というレンズシャッターが装着され、そこにジンマーレンズを取り付けて使用しています。たまたま、整理していたら出てきたので昔を思い出しながら書いてみました。