2018年4月 4日

MONEXグループのストップ高

monex-stop.jpg 4月3日(火)のマネックス株価が後場まもなく跳ね上がった。あっという間に限界まで買われ久し振りのストップ高424円の終値で終了した。ヤフーのトップページにて知った人も多かったと思うが、どうやら日経電子版に掲載された記事が元らしい。思えばマネックス証券がマザーズに上場した時もこんな日が続いたのを覚えている。10年ほど前です。
 この原因は昼過ぎにマネックスが発表したコインチェック買収検討らしい。金融庁がコインチェックに対して業務内容の改善を迫っていた矢先、既にマネックスは交渉していたということです。CEOの松本 大さんは経済界に多くの知人がいる大物経営者ですが、今年の1月に発表した仮想通過研究所ともつながり期待されるビッグニュースだった訳です。このままどこまで上昇するか疑問ですが、テレビのニュースでも取上げられるほどですから反響はしばらく続くと思います。この会社は落ち目になった同業者の買収が好きな会社で、FXの東京フォレックスにはじまり多くの買収や子会社化に成功しています。今回も将来を見据えた子会社化と思いますが大いに期待出来そうです。
数年前に買収した米国のトレードステーションも時間が掛かりましたが今では快適な米国株購入サイトが日本でも使用でき、さらには日本株でも徐々にユーザが増えているようです。試行錯誤で批判を浴びながら結局は安定した環境を構築する会社の姿勢がジワリと認められて来たようです。

 マネックスは今後、コインチェックに経営陣を派遣して根本から立て直す計画で、上手く進めば仮想通貨の取引がマネックスのサイトから可能になる日も近いはずです。
最近は大口の個人がビットコインに資産を移動しているらしく、個人を狙ったビットコイン取引が世界的にも注目されている背景があり、少々リスク承知で買収に舵を切ったのだと思います。
今週はマネックスグループの株価に注目が集まりそうです。
 過去に米国ゴールドマンサックスの共同経営者の経歴を持つ人だけに皆さんからの期待も大きいのでしょう。