2018年4月 6日

マネックスGがコインチェックを完全子会社化

 本日16時に記者会見がありました。
マネックスグループが、最近話題となっていた仮想通貨業者として、みなし登録されているコインチェックを買収し、両社から2名ずつの4人で会見に答えていました。これでコインチェックはマネックスグループのファミリー会社となります。
 コインチェックは何だかんだと騒がれていますが、よくよく考えてみると会社が持つ技術力は世界に類を見ないものであり、これまでに多くの新機能を開発しているのです。しかも社長の和田さんは東工大理学部在学中にコインチェックの元となった会社を設立し話題になったほどで、上手くいっていれば世界的にみても魅力のある会社でした。
 そこに眼を付けていたのがマネックスCEOの松本さんでした。松本さんも若くしてマネックスを起業された方ですから、コインチェックの和田社長の気持ちが分かり相談にも乗っていたようです。コインチェックの不祥事が発覚した直後にも松本さんは手を差し伸べることを言っていたようですし、今回の買収についてもコインチェックの和田社長から話を持ちかけたようですね。
いずれにしても、今後両社は仮想通貨の世界を定着させることになりそうです。

 本日も、マネックスグループの株価は限度額まで買われて終値480円のストップ高で終了しました。このことはマネックスグループとコインチェックに賭ける期待の大きさを表しているようですし、先々金融庁が正式に許可すればさらに人気が出ることも想定できます。
また記者会見で松本CEOは将来コインチェックの上場についても触れました。多分あるでしょう。

土日を挟み、月曜日の株価がどれほどになるか期待したいものです。