2018年6月29日

お金のふやし方

誰しもが考えることは、いつか資産を増やして自由にお金を使いたい。
資産運用に適した人とそうでない人が存在するわけですが、出来れば、知識を貯めて上手く増やしたい。そんな人が多いはずです。
お金のふやしかた.jpg
そんな中、私が使っているマネックスグループの証券会社の姉妹会社である「マネックスユニバーシティ」代表の大槻奈那さんが初心者向けの単行本を出してくれました。大きさはB6で値段も¥1300とお手頃です。初心者向けとありますが、資産運用のセンスはこれ一冊で養われるように感じます。

自分の資産を上手く運用して、たとえ¥1000でも増やそうではありませんか。
おかしなもので、資産運用を回数重ねてやっていると売買のタイミングに慣れてきます。
要するに、安く買って高く売るが基本ですから回数を重ねて売買することで自然と増えていくはずです。
殆んどの人は、株価が下がった時に売る(損切り)をせずにズルズルと放さず持っており、気が付けばどうしようもなくなっていたという状態です。これでは、予想が外れればいつまで待っても増やすことは不可能です。思い切って狙いを別会社にして新たにスタートすることです。

マネックス証券の松本CEOがまだ若かった頃に、大阪で開催された説明会に参加したことがあります。その時に松本さんが教えてくれたのは、一つの会社の株を購入する時には「複数株を買って下さい」と教えてくれました。確かに、購入したら下がってしまった、売ったら上がりだしたという経験を味わっていた私には良いヒントで、株が下がったら半数を売却するルールが身に付きました。今では、忠実に損切と複数株購入で実践をしています。上がった時も出来れば20パーセントを目途にして一度売るようにすればどうでしょう。何カ月も上がり続ける株は先ず無いと思います。すべては株チャートを見ながらンのタイミングです。