2020年12月 9日

流行語ぴえん

先日、NHK第一放送を聞いていたら盛んに「ぴえん」という流行語を使う番組をやっていました。
あまり聞きなれない言葉だと思い、しばらく番組に聞き入れていると、どうやら女子高校生などが盛んに使用している顔文字から来ているのだそうです。

「ぴえん」は悲しいことや残念に思った時に使用する顔文字を言葉で表現しているのだそうです。
ことしの顔文字大賞にもなり世の中で頻繁に使用されているのだそうです。
知らなかったのは私だけか。

まあ、最近はツイッターなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)が盛んになり、多くの人が利用するようになりました。もともと会員制なので自分の選んだ情報だけを共有することが出来て家族間や友人だけで使用することが出来るのです。
LINEというサービスもスマホ利用する人たちでは定番になっているようです。

これらのSNSをするときには、顔文字や絵文字を頻繁に使用するのですが、ときには「ぴえん」という文字で送ることもあります。
この「ぴえん」は、深刻に悲しむような時には使いません。注意が必要です。

日本語は、すぐに流行語や省略語にする傾向が強くあり今後もどんな流行語が飛び出して来るのか楽しみです。