2021年5月29日

アマチュア無線の切手

ja.jpg
日本のアマチュア無線制度が創設されて50年を経過した記念に発行された記念切手で1977年の物です。日本ばかりでなく世界各国で昔からアマチュア無線に関する切手が多く発行されています。

アマチュア無線は通信を楽しむ趣味であり、その制度や取り締まりに関しては政府も厳しい目で監視しております。外国人によるスパイ行為にも使用されたら大変ですから当然のことと言えます。通信事業は現在では総務省(昔は郵政省)が管理しており厳しさや監視体制は現在も変わりません。
趣味の中でも政府に関係し国家試験をパスしないと楽しめない趣味も珍しいことです。

色々な点で各国のアマチュア無線は政府と関係していますが、日本でも亡くなられた小渕恵三総理大臣もJI1KITというコールサインを使用された有名なハムでした。その後継者である現在の国会議員小渕優子さんもJA1LXGで現役のハムです。お父様が結成された国会アマチュア無線クラブに所属されておられます。

下の切手は、北アフリカにあるジブチ共和国で1981年に発行されたものと米国で以前使用された通常切手です。ジブチ共和国は独立前フランス領でありアラビア語を使用していました。この切手は1924年から始まった国際アマチュア無線連合の会議を記念して発行された切手です。
usa-2.jpg
usa.jpg
世界各国でアマチュア無線のボランティア活動が展開されていますが、以前の米国ハムによるボランティアは有名です。当時は長距離電話が無かったので、米国の西海岸地域と東海岸をアマチュア無線が繋いでいました。そのために米国ではフォーンパッチが許可されています。フォーンパッチとは電話回線をアマチュア無線の送信機につなぎ電波で回線をつなぐというシステムです。そのため、米国におけるアマチュア無線の評価はかなり高く、昔は「キング オブ ホビー」とまで呼ばれた時代がありました。今ではインターネットが充実しており有難味がありませんが、当時は外国に出る船舶や南極で働く人たちには家族との会話はアマチュア無線が欠かせない存在でした。

日本でもやがてアマチュア無線100周年を迎えますが、一つの文化としてアマチュア無線が浸透することを願うばかりです。

2021年5月26日

コインチェックが本日の日経新聞へ全面広告

d21553-40-348263-0.jpg
5月26日水曜日の日本経済新聞に全面広告を出したコインチェックという会社はマネックスグループが所有しています。数年前に仮想通貨で世間を騒がしたこの会社はマネックスに助けを求めて現在は大きく成長しています。
東京工業大学の在学生が起業した注目の会社でしたが大量の仮想通貨が盗まれて話題になりました。マネックスグループのCEOである松本さんが若き和田さんを見込んで助けを出し、金融庁とも無事に解決に至り現在では仮想通貨ではトップランナーです。

そのコインチェックが、何とカラー全面広告を出しました。しかも経済界では読まない人が居ない日本経済新聞ですから価値があります。この写真は、そのコピーですが真っ黒いイメージのかなり印象深い広告です。

これからはNFTという用語が頻繁に使われるようになるというサインでもあります。
NFTとは、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)
ファンジブル(Fungible)とは、直訳すると「代替可能な」です。他の似たようなモノによって交換が可能であることを意味します。例えば1000円紙幣は他のどの1000円紙幣とも交換することが可能であるためファンジブルです。また暗号資産のBitcoinやEthereum(イーサリアム)もファンジブルです。1BTC(ビットコイン)は他のどの1BTCとも交換できます。BTCはビットコインの単位です。

しかし、NFTでは交換不可能なモノをさし、所有者が証明できるトークンです。例えば、指定された時間と指定された席の新幹線切符は他の人と交換することが出来ません。なのでNFT扱いです。これを発展させてデジタルのデータで価値を作ったものがNFTです。
例えばアニメキャラクターのNFTとかがそれに当たります。音楽データでも可能です。

要するに、証明付きの世界に一つしか存在しない価値のあるデータと考えることが出来ます。
当然、みんなが手に入れたくなるので価値が上がります。このデータはブロックチェーン技術で世界中の人が情報を監視しているので入手経路などがデジタルデータとしてくっついています。

上の写真は、もし火星に人間が到着して一枚のデジタル写真を残せばこの画像データは世界に一つです。これを持っていたなら数億ドルにも価値が上がるかもしれませんということを暗示した写真です。

コインチェックは、このNFTを真っ先に販売していこうというもので、既に多くのNFTが高価で売買されているようです。

2021年5月25日

久し振りにテレフンケンの真空管で聞く

DSC07490.JPG
テレフンケンとはドイツにある電気メーカーで主に通信機やオーディオ機器が得意な会社です。
特にオーディオでは大変有名であり、テレフンケンの真空管は今でも高価に売買されています。
私が常用しているオンライフ製のプリアンプも全ての真空管がテレフンケンです。オール真空管のプリアンプは今では珍しくなりましたが、40年以上前ではECC81,ECC82など高級機器用では憧れの真空管でした。

そんなプリアンプを定期的に整備をしながら使っています。真空管は劣化すると言われますが私の耳で聞く範囲では問題が無さそうです。写真のプリアンプは45年以上も使用しているオール真空管プリアンプですが半田の劣化が原因で一か所修理したことがあります。2枚の基板は後ろからプラグイン式で差し込みます。セパレーションがしっかりしていて修理も楽です。

メインアンプは下にある、DIATONEのA-10に入れて軽く流しています。このアンプも大変古い物ですが今のところ故障無しです。あまり大音量にせず使用するので半導体に負担が掛かりません。

DSC07492.JPG
何でもそうですが製品仕様の半分程度で使えば寿命は長くなります。自動車などでも同じことが言えます。機械物は消耗品です。

このプリアンプと同時に買ったオンライフのモノラルアンプ2台は、現在修理をしていますが三極管の2A3を軽く動作させてジャズなどを聞くと癒されます。

DSC07491.JPG

2021年5月20日

セサミンを飲もう

DSC07480.JPG
セサミンの事を知ったのは約15年前です。以前からシャクリーという米国のサプリを飲んだりしていましたが単なる良質のタンパク質を摂取するイメージだったので、それ以降はサプリに興味が無くなっていたのです。ところが、テレビの宣伝で登山家の三浦雄一郎さんが盛んにセサミンを勧めるコマーシャルの影響で飲み始めたのが15年ほど前です。あれ以来、サプリ錠剤はセサミンのみです。

色々とセサミンに関する情報がありますが、ゴマは昔から身体に良いということは聞いていたのですっかりセサミンを信じたわけです。

ごまの栄養素「ゴマリグナン」の中には、セサミンやセサミノール、セサモリン、セサミノール、エピセサミン等、たくさんの抗酸化成分が含まれています。この「ゴマリグナン」は活性酸素を撃退し、若返り(アンチエイジング)に効果があると注目されるばかりでなく、他にも多くの効果と効能があることが研究で示されているようです。「ゴマリグナン」は特に脂質の酸化を防ぐ働きがあり、「ごま油」が他の油より酸化しにくいのは「ゴマリグナン」が関係しているようです。

考えてみれば、人間の身体は細胞の塊です。その細胞が酸化から守られれば老化もコントロール出来そうです。セサミンを含んだ健康サプリは近年たくさんのメーカーから販売されていますのでチェックされてみてはどうでしょう。

サプリはひたすら信じて毎日続けることが大切です。
私の場合、一日で3錠を飲んでいるので約100円です。

2021年5月19日

トーレンスが奏でるレコードの曲

DSC07473.JPG
オーディオファンなら知っているスイスの精密機械メーカーのトーレンス社ですが、近年はレコードの需要も少なくなり今はどうしているのでしょう。私が若い頃に授業で習った知識として、スイスは精密機械王国でした。ローレックスやオメガの腕時計やナグラのテープレコーダー、カランダッシュのボールペンなど世界的に知られたブランドも多くあります。しかし、製品が電子部品を含むようになり電子制御に変わった今の時代には、電子技術の得意な日本の安価な腕時計にシェアを奪われています。時代の変化がスイスの産業を大きく変えてしまったのです。

しかし、トーレンスのレコードプレーヤーは独特の構造で機構も単純です。スピンドル軸が生命と言われるレコードプレーヤーでは超精密な加工が欠かせないのです。アイドラーという回転体とスピンドル軸がゴムベルトを介して回転を伝えます。そのスピンドル軸を支える軸受けが全てを左右すると言われており、トーレンスの技術が買われているのです。

もし、回転中心が動いてしまう回転運動でレコード盤を回転させるとどんな問題が起こるでしょうか。まず、レコードの回転がガタガタと振動しながらレコード針に当たります。その結果、レコード針は振動の大きさ分、乱れてしまいます。結局、忠実な再現が出来なくなります。レコードプレーヤーにおいて、回転中心が動かないということは、再現性を向上させ聞こえ方にも左右し良い結果を生む為に必要不可欠なものなのです。

DSC07470.JPG
DSC07471.JPG
最近は、再びレコード盤に人気が出てきています。デジタル録音のCDとは異なり、レコード盤の溝から針が拾って音を増幅する中に何か途切れていない信号の響きが感じられます。

DSC07476.JPG
メーカーは新しい技術を開発し新しい商品を売ろうとしますが、本当に良い物はいつまでも使い続けたいものです。修理してでも使いたいという愛着が沸いてくれば本物です。

2021年5月18日

そば屋の評価は人それぞれです

DSC07462.JPG
ここ何年も、人気があるそば屋の話を聞くとメモっておき、近くを通る時には立ち寄ることにしている。どうしてもという程ではないが何となくそばが口にあうような気がする。そばやうどんは長く日本でのファーストフードとして人気があり安価な食事とされていた。忙しくて時間がとれない時などに特に重宝される食材でもある。

その簡易な食材が近年では非常に人気が出て味にこだわる店が多くなった。これは以前そば打ち名人という人気のテレビ番組があり、全国各地の名人が紹介されて番組で競い合ったことがある。そんなこともあり、名人に弟子入りする料理人志向の若者が多く出た。料理人の世界では未だに徒弟制度が残っており、弟子たちが全国各地で店を開業している。同様にこの時代では、ラーメン職人や中華料理の競争番組も多かった。テレビの影響は凄いと思う。

そばの風味が持つ味とのど越しの良さを味わえる店は少ないが、それとは別に雰囲気が周りの風景とマッチしている店は人気が出ることが多い。味について講釈を並べる人が時々いるが、多くの場合には出された麺をそのまま口にする。他の料理と違い蕎麦には付け合わされる物が無い。単につゆとワサビで味わう。米ぬかの様にきつい匂いも無いので繊細な味覚を持たないと分からない。

DSC07463.JPG
今回、知人に連れられて味わったのは奈良県東吉野村にある「よしの庵」というお店です。
周囲を山に囲まれた川沿いにある店で、古民家を改装した造りが風景にマッチしてとても良い。
中で使っているテーブルなども再利用の物が多い。よく見ると古いのだが清潔感がある。昔の日本人は物を大切にして、いつまでも丁寧に磨いて使っていたが、ここでのテーブルを見るとそんな昔が思い出される。

出された蕎麦は少し白っぽい麺で適度なコシがある。十割では無く少し小麦粉が混じる九割らしい。
中華そばと違い、日本蕎麦は口と喉で全てを感じるので慣れないと分かりづらい。

DSC07464.JPG
DSC07465.JPG
この店は、土日および祝日しか営業しないので注意して下さい。


2021年5月17日

知らなかったニホンオオカミのこと

DSC07468.JPGかつてニホンオオカミという動物が存在していたという話は聞いたことがあったが、そのことに関係した場所が三重県にあったとは驚きです。令和3年5月16日、知人の薦めで奈良県東吉野村の蕎麦屋に行き、帰りに紹介された場所です。道端に比較的新しいニホンオオカミ像があり横には、その存在とこの場所が日本で最後に発見され捕獲された地点であることを記載した石碑がある。カラフルな看板も無くこじんまりとした場所で見落としやすいので注意が必要です。

何でもそうですが、実際に現地で見ると知識が定着するものでネットや雑誌などで知り得た一過性の知識とはまるで違う。子供の頃からオオカミは怖いというイメージだけで頭に定着しており「オオカミ少年」などの用語と共に少々の知識はあった。

DSC07466.JPG
この東吉野村は山間には様々な施設が点在しており、キャンプ場や湧き出る素朴な温泉も多い。五月は新緑の季節とあって緑が眩しいほどである。国道166号線を少しそれて川沿いの県道を走ると一段と山が迫り人気も少ない。

DSC07460.JPG
和歌山県での撮影に出向くとき、国道166号線をよく使用するが脇道に入ったことがなく、今回は新しい色々な発見があった。再度、出向きフィルムカメラで残したい風景が山ほどあるようだし川沿いで見つけた比較的新しいキャンプ場にも期待したい。

2021年5月11日

お金を大量に印刷した結果

このコロナ禍において政府は大量の紙幣を印刷して場をしのいでいます。お金が大量に出回り価値が急降下しているのです。
何でもそうですが、たくさん供給され続ければ当然価値は下がります。一方、発行量に限度がある株式や仮想通貨(暗号資産)は注目されるので価値が上昇します。そのために株価や仮想通貨がしばらくは上昇続けるでしょう。

また、政府や日銀はあらゆる金融資産の買い占めを実施しています。そのために発行されている株式が不足して取り合いになっています。毎日のように、売ったり買ったりで大きく変動するのは、コンピュータによる自動売買が行われており、ボラティリティ(変動幅)が大きくなる現象です。
昔に経験したバブルとは本質的に異なり、この上昇はしばらく続く原因にもなります。

日本の大手企業は、世界的に見ても非常に好業績で運営されており、業績発表の数字もかなり良い会社が多いのです。しかし、運輸関連やデパートや飲食関連は一時的に大きく下げているようです。
でも、やがてワクチン接種が拡大して世の中が安定し出すと、一気に戻るような気がします。

昨日の日経平均株価は、再び25000円を超えて近日中に3万円に迫る勢いです。外国人投資家が安い日本の株式を買いに来ているようです。彼らはしばらく保持して高くなったところで売却して利益を稼ぎます。犠牲になるのは日本の素人投資家です。少し下がると怖くなって売る人がいますが、やっていることが逆だと思います。大きく下がったところで購入して中長期で保持して高くなるまで我慢すれば間違いなく利益が出るはずです。

私の場合にはマネックス任せなので、マネックス証券で投資信託を毎日¥1000購入しておりますが、15パーセントほどの利益が出ています。
銀行とは比べ物になりません。お金を働かせないと増えることもありません。面倒ですが小まめに実施すれば年間でかなりの資産運用が可能です。


2021年5月 7日

かつて存在した東京駅八重洲口の大丸東京店

DSC06864.JPG
この写真は、かつて八重洲口の東京駅ビルにあった当時の大丸東京店です。2000年の東京ミレニアム(千年紀)でJR東日本が決定した駅ビルの取り壊しにより、中に入っていた大丸も移転を余儀なくされ、新しいビルに移りました。現在は隣のグラントウキョウノースタワーの新しいビルとなり少し北に位置する場所で再び開業をしています。
昔は東京へ出張すると帰りにはここの地下売り場で「船橋屋のくず餅」を買って新幹線に飛び乗ったものです。
daimaru01.jpg
閉店した時のメッセージ

大丸は、1717年に創業し関西を中心に大きくなったデパートです。当時の日本ではデパートの存在は大きく、歴史があるデパートでの買い物袋を提げて歩くのが誇らしく思える時代でした。特に、東京では三越や白木屋が日本橋に集中しており歴史を感じさせる日本橋三越が今でもどっしりと店を構えている。
白木屋は東急百貨店日本橋店となり現在では「コレド日本橋」と名称を変えている。当時の百貨店はいづれも呉服屋が発端と言われており、三重県の松阪から乗り込んだ三越は三重県人には誇りである。

三越が大きくなった経緯を概略でお話しします。

昔、秀吉に仕えていた蒲生氏郷という人物が秀吉と意見が合わなくなり、当時住んでいた近江を離れて松阪に城を築きました。近江は商人の町と言われていたように商才にたけていたようで松阪も直ぐに大きくなりました。そこで蒲生氏郷が広めた綿花の栽培による「松阪木綿」が一気に有名になり、当時の参勤交代で江戸に持っていく土産となり次第に、江戸でも人気が出ました。藍色で染めた松阪木綿で作られた法被(はっぴ)は江戸の若者を魅了させトレンドになったのです。濃い藍色に白抜きの文字は遠くから見てもお洒落な姿だったのでしょう。そんなことから、松阪に拠点を構えていた「越後屋」は東京でも大繁盛して日本橋に店を構えたのです。越後屋や白木屋は共に呉服屋でありライバル関係でしたが、白木屋は火災に会い、以降、東急百貨店に買収されます。

三越という屋号は、当時の「越後屋」と創業者の三井家からとった名前です。
今でも、松阪市内には「三井家発祥の地」として保存されていますので、一度、訪れて下さい。ボランティアガイドのおじさんが丁寧に説明をしてくれます。