2010年6月29日

滋賀県知事も力を入れた県立琵琶湖博物館

biwako-mu2.jpg
館内ロビー 撮影:TOMIOKA Takumi (2010-06-27)

現職の滋賀県知事である嘉田由紀子(かだ ゆきこ)さんが元琵琶湖博物館の研究顧問であったせいか、琵琶湖博物館は一味違う。テーマを琵琶湖に絞っていて非常に判りやすい。館内もテーマごとにAからCブロックまであり順を追って丁寧に見ると半日は軽く費やしそうである。中には、弁当持込者のためのエリアもあり一日中ゆっくりと楽しめるのがよい。

場所は琵琶湖に面しているので天気さえ良ければ、野外でも散歩などでゆっくり時間を費やすことが出来るし、樹木には必ず名称を示したプラカードがかかっているので帰宅してからさらに詳しく植物図鑑で調べることも可能である。隅々まで行き届いたもてなしが伝わってくる。さすがに京都大学で農学博士の称号を持つ嘉田さんの目が届いているようである。

館内には、琵琶湖で生活をする人々が関係するあらゆるものが展示されており、なかには昭和時代に皆さんが使用してきた懐かしい電化製品やレコードなどもあり、別の意味でも貴重な博物館である。

sakana.jpg
淡水魚もこんなに近くで見ることが出来て感動する
撮影:TOMIOKA Takumi (2010-06-27)

2枚の写真は、先日、ちょっと立ち寄ったときのものであるが館内は撮影が自由であり、デジカメでメモを撮るには好都合である。