2017年1月13日

本栖湖1000円札カメラ

motosuko.jpg撮影:TOMIOKA Takumi (2017年1月9日午後1時ごろ) 本栖湖観光案内所前で

 富士山の形をどの位置から眺めるかは、現地ではよく議論の対象となります。
昔から富士山は多くの人々に愛され一度は登りたい山です。最近では周遊道路も整備されて、どの位置へも比較的簡単にアクセス可能となりました。先日、箱根のホテルに泊まり、翌日に本栖湖(もとすこ)に向かったのですが、前日に降った雪で駐車場には20cm程残っていました。
 本栖湖にある数台ほどの駐車場に車を置いて、大判カメラを出そうかと迷っていましたが結局手持ちのコンパクトカメラで数枚メモをしました。時間的なこともありますが斜陽での撮影が狙い目です。朝と夕方には立体感が出そうで多くのカメラマンが並びそうな気がします。
 さてこの場所、駐車場の少し上にライブカメラが設置されています。その名も「1000円札カメラ」と呼ばれているみたいで、観光案内所の男性によるとこの角度から見た富士山を使っているとのことでした。

下にマウスを当てるとライブカメラで現在の富士山が見れます。