2017年10月19日

行って来ました、野麦峠

長野県松本市と岐阜県高山市の県境にある峠です。この峠をテーマに映画化された「ああ、野麦峠」は森下愛子さん主演で当時は大変人気があったものです。一度は通ってみたいと思っていたのが実現しました。
nomugi-1.jpg
 撮影2017年10月15日 : 野麦峠の展望台前で

 この日は、乗鞍高原を前日に撮影し近くのペンションに宿泊したけど翌日は雨だったので早めに帰宅することにしたのです。せっかくならと思って野麦峠経由で国道19線に出るコースを選び、ひたすら山道を走りました。野麦街道と呼ばれているこの道は非常に狭く場所によっては対向が難しい場所もあるので大きな車では行かないほうが良い。標高1672mの峠に着くと数台は楽に駐車できる展望台があり眼下を見下ろすことが出来るはずですが、この日は雲の中でした。車を停めてしばらく下を見たけど写真の通りの景色です。本来ならかなりきれいな紅葉が一面に広がっている場所です。
nomugi-2.jpg
「ああ、野麦峠」は戦前の貧しい日本社会を描写した悲しい作品です。保険制度が普及していなかった時代の日本では、病気にかかると高額な医療費の出費となったので無理をして働き続ける労働者がほとんどだった訳です。この映画の主人公も結局の所、この野麦峠で命を絶ったのです。今でこそ、日本国民は全体が平和ボケしていて昔の事を知る人が少ない中、こんな映画がもっと必要なのではないでしょうか。
 峠をひたすら下降して人家が見えてくると、そこには写真のような古い学校跡があり直ぐに停車してカメラでメモしました。ここまで野麦峠を岐阜県側からゆっくりと登りだして約1時間半でした。
nomugi-3.jpg
車はいつも林道で使用している小型のケンジントンです。エンジンは1300CCと小型であるが中々力強い走りをしてくれます。数年前には三重から鹿児島の枕崎までを往復した実績があります。オートマチック車であるが、もともと不必要なスピードを出す運転をしないので、私には十分な排気量である。燃料はプレミアガソリンであるけど燃費が17Km-18Kmと経済的なので気に入っている。ここ6万Km一度も故障していない。

nomugi-4.jpg