2018年10月31日

とりあえず再開のようです

20181031 001.JPG平成30年10月30日昼にコインチェックが再開しました。金融庁の登録許可は出ていない様なので前と同様に「みなし業者」のままです。1月に不祥事で売買をストップして丸10か月です。
その間にマネックスグル―プの配下に置かれて改善を施し、概ね内容について審査が通ったのでしょう。 発表と同時にマネックスグループの株価も一時ストップ高となり、最終は31円高で終りました。

このコインチェックは仮想通貨交換業者です。
仮想通貨という聞きなれない用語ですが、分かり易く言えばデジタル通貨であり実体がありません。コンピュータなどデジタルデータとして売買が可能なもので一つ間違えれば一瞬に消えます。
ところが世界中では、この通貨が実用されており最近では安心して資産運用をしたり、商品売買での通貨となりつつあります。
私も、10年ほど前からデジタル通貨でネットの通信料金を支払っていましたが、BITCOIN事件が起こってからはクレジットカードへ切り替えています。
ここになって再び、ビットコインなどの仮想通貨が騒がれているのは、その応用分野は計り知れないようです。特にブロックチェーンという技術です。この方法でやると安全に仮想通貨を共有できて、我々生活様式が大きく変わると言われています。
具体的には、紙や硬貨で作られた通貨を無くし、貯蓄も仮想通貨で保持するわけで、商品を購入する時には自分が保持している仮想通貨で支払ったり、友達にも送金をすることが出来るのです。
貨幣を印刷することが無くなり、銀行強盗も意味が無くなります。
多分、世の中はこの方向に進むに違いありません。すでにフランスでは仮想通貨の銀行が出来ています。

一度、コインチェックのサイトを見られたらどうでしょう。
マウスを当てて下記をクリックして下さい。


2018年10月11日

AMZNが大きく下げている

10月10日のニューヨーク市場は大変な下げでダウもマイナス831ドルで終わっている。史上3番目の下げ幅らしい。中国との貿易摩擦とか金利上昇不安とか騒がれているが、昔と違って最近の売買はコンピュータによるシステムトレードであり、その反応も過剰に出ることが多い。多分、数日後には大幅高になるのではないだろうか。世の中便利になったのは有難いが、金融取引ではどうも反応が早すぎてゲーム感覚で行われることが日常になってきている。
ちょっとした話題にも敏感に反応して直ぐに株価に出てしまう。それをコンピュータ画面で見ている多くの人が直ぐに手を出し、さらに上げ幅を増大させる。こんな繰り返しがネット社会で起きているのが現状である。反面、手法を勉強して上手く売買すると億万長者も出やすいのである。
20181011 001.JPG
さて、今朝のニュースはこの米国株安がトップニュースとして取り上げられることは間違いない。
写真は、昨晩のAMZN(アマゾンドットコム)の株価チャートであるが115ドルも下げている。一時は2000ドル越えをした銘柄ではあるが、こんな時は真っ先に売られてしまい現在は1755ドル25セントとなった。多分すぐに戻すと思うが、携帯でトレードステーションの画面を見ていて変化を予想するのも勉強になる。 今日の日経225も当然下がるだろうがどこまで下がるかが興味深い。日本企業の業績は良いので大丈夫と思うが、いったんは大きく下げて最終はある程度戻すのではないでしょうか。