カテゴリー
風景写真

長野県中曽根の権現桜

長野県中曽根には樹齢1000年を超えている有名な桜があると聞いて訪れた一枚です。ちょうど満開であったのか見事に咲いていた。近づいてみると1000年も大切にされていた関係者の努力がすぐに理解できる。どうやら地元では神様が宿る樹として知れ渡っているようで村中で保存しているのでしょう。権現桜(ごんげんざくら)という愛称で呼ばれているようです。

ここの正確な地名は、
〒399-4605 長野県上伊那郡箕輪町中曽根

中央道を走り近くのインターを降りてすぐにあります。
集落に囲まれていて少し分かりにくいかも知れませんが、小さなバス停小屋横の路地を入って直ぐです。

学術名はエドヒガンサクラ(江戸彼岸)
ソメイヨシノより少し早く開花するらしく、ここでの見ごろは3月下旬から4月上旬とのことです。

この品種は寿命が長く全国にも多く存在している。

撮影データ:

SONY A900
カールツアイス ディスタゴン20mmF2.8 

カテゴリー
鉄道写真

ゆふいんの森号に乗って

ゆふいんの森という名称が付けられたJR九州の人気車両があります。ほかにもJR九州には数々の列車が走っていますが、この特急は温泉の町「湯布院」を訪れる観光客には人気があり、いつも満員状態です。

この列車が停車している駅は、JR湯布院駅ですが何と改札がありません。列車が到着前になると観光客は列をなし駅員さんの指示に従いながら列車の到着を待ちます。そこで切符を見せるわけですが、のんびりとした日本人の性格が感じ取れる光景です。

カテゴリー
カメラの話 未分類

Nikon F100が手ごろ

ニコンがデジタルカメラCoolPix100を最初に発売したのは1997年だったと思いますが、その時に私は早速購入しデジタルカメラの便利さを実感したものです。あれから何年かが経ちこの写真に見るようにF100という機種を発売しました。昔からニッコールクラブ会員でもあったので新機種が発売される前には会報に詳しいデザインなどの紹介があります。

このF100に付けているのは20mmF2.8ですが、このセットでの撮影は満足な作品ができる確率が高いので風景写真には決まって持ち出します。
20mmというレンズはニコンFの時代からいつも使用していたので性能は知っていましたし基本的な設計は変わっていません。
小型になりF100に取り付けても違和感がなく目立たないので気に入っています。

風景撮影に使用するフィルムは富士フィルムから出ているベルビア50や100を使いますが、このレンズとの相性もいい感じです。もちろんデジタル写真データはコンピュータアプリで操作できるので特に気にする必要はないのですが。

シャッターボタンを押したときのレスポンスもほとんど気にならずチャンスを逃がすことがありませんが風景写真の撮影では三脚に取り付けて使うことが多いので問題ありません。
昔からニコンカメラのボデーは尖ったデザインで人体にぶつけるとケガをしそうな形状だったのが最近では指摘されたのか丸味を持たせるようになったみたいですね。

話は違いますが、ニコンのドル箱といわれる業種は何と精密測定装置やIC製造に欠かせないと言われる「ステッパー」という機械です。カメラ部門ではあまり儲けが無いのではと思います。

カテゴリー
未分類

ひさしぶりのブログです

昨年暮れから急に忙しくなりブログの更新も出来なかったのですが、本日2022年3月9日に気になっていたブログの再開をしました。

以前と変わらぬ勝手な感想となりそうですが宜しくお願いします。写真と鉄道に関する記事が中心ですが、そのほか気が付いたこともアップします。言い換えれば、このブログは私の日記でもあります。

前のブログは、18年ほど昔に立ち上げ色々なことを勉強しながらMovableTypeで落ち着き使用していましたが、今回は流行のWordPressを使用しました。このアプリは無料で使用できますし、比較的わかりやすい管理画面が特徴です。
WordPressの説明記事はサイト検索をすると山ほど見つかりますから皆さんも挑戦してみてはいかがでしょう。

カテゴリー
未分類

Hello! いつもアクセスありがとうございます。

風景写真や鉄道写真を楽しんでおります。私が感じたことや経験を紹介しておりますので時々ご覧ください。サイト更新は時間があるときにやっております。

最近は新型コロナの影響で2年ほど出張撮影が停滞しています。昔に撮影した作品を出来るだけ多く掲載しますので是非チャンネル登録を宜しくお願いします。